人生を楽しく行きぬく力「身体・学習・感性」をバランスよく取り入れ、多感な幼児期に、お友だちと共に成長する場を作ります。

 

 

「森のようちえん」は北欧で発祥した、自然環境のなかで感性を研ぎ澄ませ、その関わりを学ぶ幼児教育です。根川緑道、昭和記念公園、仲田の森蚕糸公園など、毎日様々な場所へ自然を見つけにいきます。

川でじゃぶじゃぶしたり、土遊びをしたり、虫を探したり、家では出来ないことを思いっきり!
子どもは遊びの天才。
身体能力や集中力を高めると共に、季節のサイクル、大地や水と生命体のつながりや尊さ・・・
五感をつかって地球を学びます。


ランチタイム、休息をとり、自由遊びの前にちょっとお勉強タイム。
幼児教育のスペシャリスト佐藤民子先生(あすか会教育研究所東大和教室)を迎え、読書指導・数学的能力の基礎など、考える力・語彙力・表現力を養います。
また、学習の基本「自学自習」の基礎作りとして、隔月土曜日に親御さん向けの教室(自由参加)も実施します。

※あすか会研究所 東大和教室の「ダイヤモンドコース」¥14,000/月4回の内容を保育時間内に受講できます。講師は、週に1日は佐藤民子先生が担当、他の4日は保育スタッフが復習レッスンを行います。
幼児学習指導講師 佐藤民子先生について


英語・リトミックを専門講師が週一回レッスンを行います。
幼児クラスからは、イギリスで考案され、世界100か国以上の学校で採用されている「Jolly Phonics(ジョリーフォニックス)」を取り入れていきます。
また、工作や絵画などの制作も楽しみます。

脳の大きさは、3歳までに80%、7,8歳までに成人の90%に達し、絶対音感、運動能力、数学的能力の臨界期は約4歳、言語は約9歳までといわれています。
とはいえ現実は、仕事や家事で忙しい中、習い事の時間をとるのは難しく、時には頑張り過ぎて親子のふれあい時間が犠牲になることもあるようです。
みらいのたね保育園では、保育時間内にレッスンを取り入れることで、ご家庭での親子コミュニケーションの時間創出の一助になればと思っております。

平成30年度募集要項